読モの裏側を暴露!「藤田富bot」がいまTwitterで激アツ!

最近Twitterで話題の藤田富botって知ってますか?

SNSを主に活動の場とする読者モデル「読モ」の裏側を探しだし、色々とTwitterで暴露している人物なんです。

実は私の記事も藤田富botくんに紹介されまして…笑

まぁそれはいいとして、そんな藤田富botの中の人が気になりますよねー!

という訳で今回はその辺りを調査!

スポンサーリンク

藤田富botとは?


このツイートでは、読モ気取りに簡単になれる方法を書いています。

確かに、最近はTwitterやInstagramなどのSNSが発達し、10代の利用者も多いので以前のような雑誌出て読者モデル活動を行うよりは、TwitterなどのSNSで自身のお洒落さを自慢すれば簡単に有名になれますし、事務所からの声もかかりやすいです。

当ブログで紹介した、きりまる古川優香がそれにあたりますね。

しかし、そういった人物が最近増えすぎて、読者との距離が近い読者モデルと言えどプロですので、やっていいことと悪いことの二つがあります。

例えば「ステマ

読者モデルは読者との距離が近いので、それを悪用して良くもない商品をTwitterやCROOZ blogにて紹介し、その紹介量を貰う「ステマ」をやってる読者モデルが続出しています。

最近だと「きりまる」がハニーココをステマしたようで…。

関連記事きりまるがハニーココをステマしてTwitterで炎上wwwww

他にも読者モデルになるために、人気のイケメンモデルの彼氏を作っ、て彼氏とラブラブな様子をSNSに載っけて人気を得たり、必要以上に彼氏彼女を作って相手のファンを不快にさせる人物が続出。

「読者モデル」の評判が下がって来てるのが現状です。

そうなるとどうなるか、読者モデルはその内見放されて仕事がなくなり、本末転倒になるでしょう。勿論真面目に仕事してる子もいますから、その人達に迷惑をかけることにもなります。

そんな状況が許せないのか、藤田富botはTwitterにて読モの裏側を次々に暴露

主に読モの裏アカを有志の手から得て自身のアカウントにて暴露したり、彼氏彼女の事情だったりステマの事実など、とにかく裏側を載せまくっています。

批難を浴びることも多いですが、最近は賛同してる人も増えてますね~やっぱり裏側をいじるのは見ていて楽しいんでしょうw週刊文春のTwitter版みたいな感じです。

中の人は誰?

そんな藤田富botの中の人は実はYouTuber。「SHK社長」という名で

顔出しして色んなニュースに意見を言ってますが、最近はYouTuberや読モの裏側を暴露するスタイルで人気を得ています。



喋り方に少し違和感あるけど面白いw

シバターの二番煎じだけど、こーいう人がネットに一人や二人いるべきなんでしょうね。

スポンサーリンク

あなたにおすすめな関連記事

記事が気に入ったらSNSで拡散してね♪

配信クルーズをフォローして最新記事を受け取ろう♪