seveダンス(シャッフルダンス)のやり方を伝授!踊り方は簡単?

seveダンスと呼ばれるシャッフルダンスが中高生を中心に、うざい広告でお馴染みのTikTokアプリで爆発的な流行を見せています。

おしゃれな音楽に合わせて、軽いステップを踏むことでかっこいい足技を見せることができます。



実はこのseveダンス、やり方さえ覚えれば誰でも出来るって知ってました?

今回はシャッフルダンスを得意とする方に、seveダンスの踊り方を教えてもらいました!

スポンサーリンク

Tez Cadey – Seveダンスのやり方

seveダンスは、Tez CadeyのSeveという曲に合わせて踊るシャッフルダンスです。

幾つか踊りのパターンがありますが、YouTubeにあるこちらの動画がお手本とされています。







一見複雑な動きをしているように見えますが、実はこのダンスで使ってるステップは以下の3つしかありません。


  • ポップコーン
  • クラブステップ
  • チャールストン


つまり、↑3つのステップをマスターすれば、あとは音に合わせてステップを踏むだけなので出来たも同然です。

では一つ一つ解説していきましょう。


ポップコーン

HIPHOPの基本ステップです。

ポップコーンは、1,2,3,ウン,1,2,3のリズムでステップを踏みます。
  • 1で右足を前に出し
  • 2で左足を曲げて右足で地面を踏み
  • 3で再び右足を前に出し、左足は後ろに引きます。
  • ウン、の時は左足は曲げ、右足で地面を踏んで左足を出す準備をします。


続いて同じ動きを左から始めます。
  • 1で左足を前に出し
  • 2で右足を曲げて左足で地面を踏み
  • 3で再び左足を前に出し、右足は後ろに引きます。


これを繰り返しやると、ポップコーンのステップを踏むことができます。



コツは、「ウン」の時の後ろ足に体重を乗せることです。

これが最初中々乗らないですが、繰り返しやってると慣れてきます。


クラブステップ

シャッフルダンスの基本です。

クラブステップは、1,2,1,2 のリズムで踏みます。


  • 1では両足を肩幅ぐらいに広げた状態で、両足を内股にします。その状態で右足を上げます
  • 2では両足をガニ股にすると共に、右足で右側に地面を踏みます


クラブステップはこれを繰り返します。



左足から始める時も全く一緒です。





コツは、1の時は「つま先」に体重を乗せ、2の時は「足全体」に体重を乗せましょう。

最初は中々乗りませんが、やりこんでるうちに慣れてきます。


チャールストン

チャールストンはHIPHOPの基本ステップです。

チャールストンは、1,2,3,4 のリズムでステップを踏みます。



クラブステップの足を前後に出すようなイメージです。


  • 1で両足を内股にし、右足を上げます。
  • 2で両足をガニ股にすると共に、右足を前に地面を踏みながらガニ股にします。
  • 3で両足を内股にし、右足を上げます。
  • 4で両足をガニ股にすると共に、右足を後ろに地面を踏みながらガニ股にします。


あとはこれを繰り返します。





コツは、クラブステップ同様、内股は「つま先」に、ガニ股は「足全体」に体重を乗せます。


全部出来たら、動画を見ながらやってみよう

seveダンスは



ポップコーン➡クラブステップ➡チャールストン



の順で、向きを変えたり、音に合わせて踏んでるだけです。

3つのステップが出来れば必ず踊れますので、あとは動画を参考にしながら覚えていきましょう。



手の動きはオリジナルでOK。

上手く踊れたら、tiktokにアップしてみましょう♪

スポンサーリンク

あなたにおすすめな関連記事

配信クルーズをフォローして最新記事を受け取ろう♪